×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

にんじんやたまねぎはメインの食材を支える存在



にんじんやたまねぎは、それだけだとあまり活躍する料理がありません。しかし料理を華やかに、より美味しくするためには欠かせない食材です。

煮物をイメージした時、メインとなる食材はじゃがいもだと思います。存在感がありますし、じゃがいもは大人からも子供からも好かれやすい食材です。

でも、煮物の具がじゃがいもだけだととても寂しく感じませんか?ここににじんやたまねぎを入れると、本格的で華やかな煮物になるんです。

ボリュームもたっぷりで、メインディッシュとしても申し分ないですね。ここにしいたけなどのきのこ類が入れば、さらにボリュームアップします。

それから野菜炒めです。野菜炒めも、きゃべつやピーマンだけだと美味しく感じられないですよね。

それに、色合いも地味になってしまいます。具が緑だけだと、せっかくの美味しい野菜炒めもまずそうに見えるんです。

でも、ここににんじんとたまねぎが入ればもっと美味しくなります。にんじんの赤が料理を華やかにするので、食欲をそそりますね。

たまねぎが入ることによって歯応えが良くなるので、満足のいく食感になります。

にんじんやたまねぎは、こうしてメインの食材を支えてくれているのです。これらがないと、料理がつまらないものになってしまいます。

リンク集 アリス ケータイアレンジハコイヌ ケータイアレンジケーキ ケータイアレンジ和ごころ ケータイアレンジ

TOP