×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

なすにはいろいろな種類が存在する



なすにはいろいろな種類があると、ご存知でしたか?一般家庭でよく使われているなすは「長卵形なす」と呼ばれています。

スーパーに行って見かけるのは、たいていこの「長卵形なす」ですね。なぜこの長卵形なすが主流なのかは“栽培方法”に理由があります。

長卵形なすは寒冷地でも温暖地でも作れるというメリットがあるのです。そのため栽培しやすく、日本中のあちらこちらで栽培されています。

長卵形なすがスーパーでよく売られている理由はここにあったのですね。では、長卵形なす以外にはどんななすがあるのでしょう。

「卵形なす」は関東を中心に出回っていたようです。そして、まるでトマトのような形をした「丸なす」

丸なすを見かけることはあまりないので、初めて見た時のはあまりの丸さにびっくりしてしまうのではないでしょうか。

それから「長なす」は長卵形なすと比べると、かなり背が高くなっています。長なすは煮物に向いているとされており、西日本で愛されているようです。

そして長なすよりも大きいものが「大長なす」です。九州でよく見かけるなすで、焼きなすと煮なす専用と言われています。

長さはなんと40〜45cm。かなりの迫力が想像出来ますね。

サイト集:俺妹 漫画とある魔術 携帯コミックキューピー デコメサンリオデコメ

TOP